人気ランキング

新着アイテム

鎌取・おゆみ野の塾「開成ラボ」鎌取・おゆみ野の塾「開成ラボ」
鎌取、おゆみ野の・・・
横浜市の放課後等デイサービス「ヒーリングの森」横浜市の放課後等デイサービス「ヒーリングの森」
横浜市で放課後等・・・
児童デイサービスのRISE児童デイサービスのRISE
児童デイサービス・・・
横浜の放課後デイサービスならアップ横浜の放課後デイサービスならアップ
横浜市で放課後デ・・・
千葉の写真館・フォトスタジオ「クシェル」千葉の写真館・フォトスタジオ「クシェル」
かけがえのない一・・・

お知らせ

業種別ポータルサイト 全国ベビーグッズ・子育て情報ガイド掲示板

寝る前の絵本の読み聞かせを続けました。
記事No.40 投稿日:2014.09.17 19:11:52(この記事が親記事です。)
投稿者:初美
私が子育てで続けていてよかったと思う習慣は、寝る前の絵本の読み聞かせです。 読み聞かせは1歳くらいの赤ちゃんの頃から始めたのですが、子供達が小学生になった今も続けていて、それが良いコミュニケーションになっていると思います。 一日の終りにお布団に入って、身体をくっつけながら同じ話を読むと、自然とお互い愛着が沸きますし、普段の会話のきっかけにもなります。 私がこんなに長く読み聞かせを続けてこれたのは、一つは自分が本が好きだったこと、そして子供達が読む本にあまり注文をつけなかったからだと思います。 あまりに下品に思える漫画はちょっと嫌だと言いましたが、それでもそう思った漫画も一緒に読みましたし、図鑑でも辞書でも雑誌でも、子どもが読みたいというものは全て読み聞かせに使いました。 結果最初は『いないいないばあ』などの赤ちゃん向け絵本だったのが、上の子が小学校高学年になった最近ではミヒャエルエンデの『モモ』や『妖怪ウオッチ』、ことわざ辞典など、色々なジャンルの本を選ぶようになり、私自身楽しんで読み聞かせをしています。 読んだ本について親子で話すのも楽しいですし、これからもできるだけ長くこの習慣を続けていきたいと思っています。